産総研シンポジウム 窒素循環における課題とその解決にむけて

2021年11月8日

本シンポジウムは、次のステップへ向けた討論となり、大変有意義なものとなりました。ご参加のみなさま、大変ありがとうございました! 発表資料をこちらで公開中です。

日程 2021年11月8日(月) 13:00~17:00
場所 オンライン開催(Microsoft Teams使用)
会費 無料、要事前登録
趣旨 世界を取り巻く窒素循環・アンモニアに関する課題の概観をつかみ、国内機関の連携の在り方を探る
主催 産業技術総合研究所

プログラム

(発表資料はシンポジウム開催後に公開します)

開会のあいさつ

  • 濱川聡(産総研 材料・化学領域 領域長)
  • 河原圭(経済産業省 産業技術環境局 環境政策課 エネルギー・環境イノベーション戦略室長

基調講演1

  • ムーンショット目標4における窒素資源循環の位置づけ
    山地憲治 (ムーンショット目標4 プログラムディレクター、地球環境産業技術研究機構 理事長、研究所長) 要旨 発表資料

ムーンショット事業窒素関連PJ紹介

  • 産業由来の排ガス・廃水からの希薄窒素回収技術開発 川本徹 (産総研)  要旨 発表資料
  • 希薄反応性窒素の回収・除去技術開発 脇原徹(東京大学) 要旨 発表資料

話題提供

  • 燃料アンモニアの社会実装に向けて 岡島裕一郎(クリーン燃料アンモニア協会) 要旨 発表資料
  • 産業用途に着目した反応性窒素フロー解析 松八重一代(東北大学) 要旨 発表資料

基調講演2

  • 窒素利用の問題に関する世界の動向 林健太郎(農研機構主席研究員,地球研) 要旨 発表資料

話題提供

  • 窒素循環を担う環境微生物ネットワークと温室効果ガス削減 南澤究(東北大学) 要旨 発表資料
  • 窒素循環に関する課題と解決策―農業研究の立場から江口定夫(農研機構) 要旨 発表資料

パネルディスカッション

  • 窒素循環・アンモニアに関する課題解決に資するための国内連携の在り方
ファシリテータ 柴田英昭(北海道大学)
パネリスト 林健太郎(農研機構,地球研) 、 南澤究(東北大学)、増井利彦(国環研)、岡島裕一郎(クリーン燃料アンモニア協会) 、川本徹(産総研)

閉会の挨拶

原重樹(産総研 ナノ材料研究部門 研究部門長)

問合せ先

MSN事務局(ムーンショット事業窒素循環PJ事務局/PM 川本徹)
M-msn_secretariat-ml@aist.go.jp

登録ページ(受付終了)

 

ポスターPDFは下記クリックでダウンロードできます↓

窒素循環における課題とその解決にむけて

このページの先頭へ戻る